大切な自宅の庭木の剪定も安心して任せることができる

信頼できる業者に依頼

庭

自宅には、さまざまな庭木が植えられているのですが、そのほとんどの剪定や世話はおじいちゃんが担当していました。おじいちゃんは植物がとても好きで、庭木の剪定作業もいつも楽しく行なっていたのです。私はよくその光景を見ていました。そして作業が終わると縁側でお茶を淹れておじいちゃんと一緒に綺麗になった庭を眺めるのが大好きだったのです。庭木の剪定は、樹木によってもいつ行なうか変わってくるということを学びました。自宅の庭木は、冬の間に基本的な剪定を行なうことが多かった記憶があります。また、春になると、松の新芽をつむ作業を行なっていたものです。季節に応じて庭木の剪定を行なうことで、美しい庭が維持されていたのです。

しかしそんな我が家の庭にも異変が現れるようになりました。自宅の庭の世話や剪定を担っていたおじいちゃんが病気治療のため入院してしまったのです。そのため少しずつ庭が荒れてくるようになりました。おじいちゃんのお見舞いに行くたびに、自分の身体のことよりも庭木のことを心配している様子です。そして、治療が長引くことを覚悟したおじいちゃんは、私に世話係を託したいというようになりました。私もおじいちゃんのために少しでも庭を維持したいと思い、世話役を引き受けることにしたのです。もちろん私は庭木に関する情報は詳しくありません。本当はイチからおじいちゃんに庭木のことを聞きたかったのですが、おじいちゃんは病気のためあまり話すこともできなくなっていました。

私は庭木の剪定や世話をしっかりと行なうために、本やインターネットで知識を得ることにしました。しかし、知識だけではどうしようもできないことがありました。実際に剪定作業をする時間を作れないという問題があったのです。私は大学生で就職活動も本格的に行なう時期になっていました。また、授業やバイト、サークルなどもあり、なかなか時間をゆっくり設けることができなかったのです。そこで、バイト代を使って、庭木の剪定を専門業者に依頼することにしました。両親やおじいちゃんからお金を出してもらうこともできましたが、自分がやるといった手前はできるだけ自分でまかないたいと考えたのです。

そこでできるだけリーズナブルな剪定業者を探すことが求められました。私はインターネットを使って、さまざまな専門業者をリサーチしていきました。電話で無料で相談できる業者を見つけたので、問い合わせてみることにしたのです。希望の日時などを伝えたところ、最適な加盟業者を派遣してくれました。自宅の庭を実際に見てから見積もりを提示してくれたので、安心して利用できました。もちろん追加料金なども発生しなかったので、すごく信頼できると思いました。

その後、おじいちゃんは無事退院して、自宅に帰ってきました。留守の間、庭木が心配で仕方なかったのですが、しっかりとメンテナンスされていたことに驚いていました。私が独学で世話をしたんだよ、と言いたいところでしたが正直に告白しました。おじいちゃんは、とても喜んでいて、これからも定期的にサポートをお願いしたいと言っていました。

口コミ情報をチェック

草むしり

家族の中でも人気がない家事労働に草取りがあります。肉体労働で大変なため、できるならやりたくないのです。しかし、家族で話し合った結果、最適な方法でこの問題を解決することができました。

もっと読む

負担を減らす方法は

草取り

綺麗な庭を維持するためには、草むしりが欠かせません。しかし、熱中症の危険があったり、腰に負担がかかったりと大変な作業になります。代行業者やサポートグッズを活用して、少しでも楽になるように対策をしていきましょう。

もっと読む

庭木1本でも依頼できる

植物

庭木1本だけでも剪定してくれる大阪の植木屋さんを探していました。でもどうやって見つけてよいのかわからなくて困っていました。そんなとき友人からインターネットからでも簡単に依頼できる業者を教えてもらったのです。

もっと読む